Mogtanz Rhythm Wave(モグタンズリズムウェイヴ)とは
海が大好きなドラマー・伊藤 もぐ太による
人生がちょっと楽しくなるドラム教室です。

講師紹介

伊藤 もぐ太
11月11日生まれ・血液型A型。宮城県仙台市出身。
インディーズロックバンドで活動後、上京。トミー・キャンベル氏、美座良彦氏に師事。
好奇心旺盛で一つのジャンルに偏らない活動をしてきたため、知識も豊富であり、ジャズドラマーからヴィジュアル系ドラマーまで幅広く指導している。
レストランでのBGM演奏、自身のビッグバンドでの活動を経て、現在はラテンジャズバンド「KOGMA CLASSIC」やゴスペルグループ「Prime Peak Gospel Choir」での活動が中心となっている。

自己啓発の一環として、1年間で「ビジネス実務法務検定2級」「メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種」「ビジネス著作権検定上級」の3試験に合格。久しぶりに勉強したため、試験中は頭から煙が出そうになるほど苦戦した。
趣味は、ガンダム等のアニメ鑑賞。好きなガンダムは、「機動戦士ガンダム0083」に登場する「GP-03 デンドロビウム」、「機動戦士ガンダムSEED」に登場する「ZGMF-X10A フリーダム」。
漫画は、「ハンター×ハンター」が大好きだが、作者がしょっちゅう休むので困っている。好きなキャラクターは「クロロ・ルシルフル」。
YouTubeにPCXトライク(3輪バイク)でのMotovlogも投稿中。

【「伊藤 もぐ太」はこんな人です‼】

★メッセージ
ロック・ポップス・ジャズはもちろん、一般的には難解なラテンドラムやゴスペル系で頻繁に使われる高速リニアフレーズ等、ドラムを追究していくと様々な壁が存在します。
MRWでは、「出来ないことをひたすら練習する」のではなく、「なぜ出来ないかを考える」ことに重きを置いています。
毎日一日中ドラムを練習すれば、誰でも上手くなるでしょう。しかし、大抵の人は時間が限られています。
出来ない原因を究明しながら、効率良く練習しましょう。
「ジャズっぽく叩くコツ」「ラテンぽく叩くコツ」「ゴスペルっぽく叩くコツ」。ジャンルにはそれぞれ「コツ」が存在します。
それを見出せればきっと短期間で上手くなるはずです。

Mogtanz Rhythm Wave代表 伊藤 もぐ太

更新日:

Copyright© Mogtanz Rhythm Wave , 2019 AllRights Reserved.